HOME>アーカイブ>気になる金額だけでなく業者の選び方を学ぼう

業者の特徴をよく見ておこう

オフィス

従来日本では、同じようなデザインのオフィスばかりがありました。一般的には机を向かい合わせて座るスタイルが多く、それ以外のスタイルはほとんどありませんでした。ところが平成になってから、様々な外国のデザインを取り入れる会社が増えてきて、今までのデザインだけではなくあり得ないようなデザインのところも存在しています。デザインを選択することで、作業効率が上がることもあるでしょう。そこで、オフィスリニューアルをする場合には、どのような業者を選ぶかが大事なります。なぜなら、業者によって採用しているデザインが大きくことなるからです。より効率の良い仕事ができるような業者を選ぶべきです。

デザイン料金によって左右される

オフィス

オフィスリニューアルをする場合の料金ですが、デザイナーが在籍していますので、そのデザイナーに支払う料金がどれぐらいかによって大きく変わってくるところです。例えば、小さな会社であってもざん新なデザインにする場合にはデザイナーの料金だけで30万円から50万円ぐらいかかることも少なくありません。有名な人でなければ、そこまで料金がかからないこともあります。そのため、各業者がどのようなデザイナーを抱えているかを調べておく必要があります。もちろん料金が高ければ高いほど、質の高いデザインになることは間違いありません。後はどれだけオフィスリニューアルに力を入れるかで変わってきます。

備品や設備を購入しなければいけない

会議室

オフィスリニューアルをする場合には、既存の設備や備品だけでなく、新しいデザインに合わせてさまざまな設備や備品などを購入する必要があります。中には大幅なリフォームをしなければならないこともあるでしょう。例えば、今までのオフィスならば、机同士は向い合っている形が一般的でした。ですが、より一人一人の集中力を高めるために、お互い顔が見えないような形で仕事をするオフィスを作り上げたいとします。このような場合には、ブラインドの部分を考えなければいけませんので、間仕切りをいつも購入することになるでしょう。そうすると100万円を超えることも少なくありません。

広告募集中